投資できる分野が広がります

前回も投資信託のメリットをあげていきましたが、今回もその続きで投資信託の魅力をご紹介します。

個人で投資をしていた人は、自分の資産規模では限られた分野、限られた数にしか投資ができなかったと思います。

しかし、投資信託の場合は、自分の資産を複数の投資家の資金と合算して考えることで、幅広い分野に分散した投資家できるようになります。

また、これまで個人では不可能だった投資も、投資信託を通じて可能になることがあります。

例えば、購入できる仕組み自体がなかったり、個人では情報が取りにくかったりする投資対象というのがありますよね。個人で投資をしていた人もこれまで以上に資産運用の幅が広がり、多種多様な分野での投資が行えるようになります。

個人では難しかったりするものとして、例えば新興国への投資なんかがあります。

これは興味があって、現実的に投資が可能だったとしても、相当手間だったりします。

一定のボリュームメリットがある投資信託だからこそ、新興国への投資なんかも可能になってくるわけですね。投資信託は、運用状況や資産状況などあらゆる情報の透明性が高くて、安全でもあります。

投資信託という金融商品は、厳正な行政の管理下で成り立っているため、信頼性も高いわけです。





« - »

Copyright © 投資信託の基礎知識 All right reserved.