運用成績をみるときは?

投資信託の運用成績を確認するときはどうすれば良いでしょうか?運用成績を確認するときは、運用報告書をみて運用成績を判断します。

運用成績をみるときは、ベンチマークを基準にして評価します。

ベンチマークというのは、市場の平均に比べて、どのくらいの利益が出たかという基準値のことです。

これをみていくときに重要なのは、ベンチマークに対して、どのように基準価額が推移しているのかということを見ていかなければなりません。基準価額の推移だけをみていくのは、投資信託の運用成績を判断するうえでは不十分です。

市場の平均をみていきながら、一般的には、それに比べてどれくらい利益が出たのかというところを見なければなりません。ベンチマークを基準としながら確認する時には、最低でも2~3年分の成績を参考にしながらみていきましょう。ベンチマークはそれぞれの投信信託の投資対象によって異なります。

例えば、投資対象が国内の上場株式ですと、日経平均やTOPIX(東証株価指数)などがベンチマークとして多く利用されます。

目論見書や運用報告書を確認すると、どの指数をベンチマークとするかというのをみることができます。





« - »

Copyright © 投資信託の基礎知識 All right reserved.