金融商品の種類について知りたい!

金融商品の種類について紹介していきます。

まず、基本的なところから・・・、投資信託は一体どこで購入できるでしょうか。他の金融商品と違って、実は銀行以外でも投資信託を購入できます。

例えば、証券会社ですとか、保険会、社郵便局などで購入できます。

これらの投資信託を販売している会社の総称を、「販売会社」といいます。

さて・・・、販売会社で金融商品を購入する場合、どのようなことがポイントになるでしょうか?選ぶ時は、流動性、安全性、収益性この三つが金融商品を選択するポイントとして、すごく重要になります。

収益性はやはり金融商品を選ぶ際には非常に重要です。

ハイリターンが見込める商品は収益性が高いですが、ハイリスクになるので安全性が低くなります。

安全性というと、元本保証があるかどうかということです。

個人向け国債ですとか、個人向け社債というのは元本保証があります。

日本国債などもそうですし、MEF、MMF、預金(金利)なども元本保証があるものです。

金融商品は分けると、今あげたような元本保証であるものと、元本保証でないものと分類できます。

地金、金貨、金ETF、株式、ディリバティブなどは元本保証はありません。これらと同様に、投資信託も元本保証はありませんので損失をかぶる場合はあります。

為替レートの変動を受けるタイプとしてはFXなどがあります。

もちろん元本保証はありません。他にも外貨預金や外貨、MMFもそうですね。売買や換金を必要に応じてできる金融商品ほど流動性が高い商品と言えると思います。

例えると、普通預金の方が定期預金よりも流動性に優れていますよね。換金がしやすいかどうかというのが流動性であり、売買のしやすさのことです。

このように、商品を選ぶ際は流動性、安全性、収益性を意識して下さい。



« - »

Copyright © 投資信託の基礎知識 All right reserved.